ブログを書こうと思っても、書けるようなネタがないと困ってしまいますよね?

とくに、得意分野や趣味がない場合は、途方に暮れてしまうと思います。

かくゆう私もそうでした^^;

人に語れるぐらいハマっているものはなく、かといって、人にレクチャーできるくらい飛びぬけた特技もない・・・

ブログ塾で配布された、「自分発見シート」のワークをやってみても、ブログネタがさっぱり見つからない・・・

めっちゃ悩みました(泣)

そんな私ですが、現在は、月10万~20万をブログで稼いでいます。

※このブログじゃなくて、他のブログです。最高月収は70万。グーグルアップデートの影響で月収は落ち着いています(笑)

この記事では、特技なし・趣味なし・資格なしの私が、どうやってブログネタを見つけ、稼げるようになったのか?を書いていきます。

かつての私と同じように、ブログに書けることが見つからず、自分の無力さにあえいでいる人の参考になれば幸いです^^

得意分野がない人はブログに何を書けばいい?特技なし・趣味なし・資格なしの弱者の戦略

人より秀でたものがない場合、もう、なんでもやってみるしかありません(笑)

人に誇れることが何もない、私がとった戦略は、以下のとおりです↓

自分が直面している問題、調べたことを書く

自分の過去に誇れるものがないのであれば、“今”から作るしか方法はありません。

私の場合は、リアルタイムで直面している問題や、自分が興味があって調べたことを記事にしていきました。

たとえば・・・

 

  • ブログにアクセスが集まらない!何記事書けばいい?どうすれば?
  • 家を買いたいと思ってるけど、貯金ゼロだと買えないのかな?
  • うちの子供のランドセル買おうと思ってるんだけど、安く手に入れるにはどうすれば?

 

こういった、自分が生活の中で感じた疑問や、知りたいことを、そのまま記事にしていきました。

アクセスが集まるブログの本質って、「読者さんの役に立つかどうか?」ですよね。

訪問者が読んだときに、「これは役に立ったぞ!ありがとう!」と思われる記事ならば、グーグルに評価されて検索上位に上がってくるわけです。

なので、『自分が疑問に思ったことは、すべて誰かの役に立つ』と思って、自分の知りたかったことを調べて書いていきました。

とくに、他の人が気に留めないような“小さな疑問”ほど、記事にするようにしていました。

そうすると、少ないながらもアクセスが集まるようになりました。

なんでもいいから人の役に立ちそうな「過去の経験」を書く

ブログ塾なんかではよく、「ジャンルを決めろ!」とよく言われますが、何を書きたいか決まっていないうちは、決めないほうがいいと思います。

得意分野がないのだから、決めることなんてできません。

また、「稼げそうだから」という理由でジャンルを決めてしまうと、そのジャンルが得意な人に勝つことはできません。

やっぱり、「それが好き」という人には、知識も情熱もかなわないですからね~^^;

なので!

私の場合は、とにかく思いついたものは何でも書きました。

リアルタイムでの疑問のほかに、過去に体験したことで人の役に立ちそうなものは、なんでも書いていきました。

 

  • 双子の乳幼児期の子育て方法
  • 出産で腹筋が避けて7時間に及ぶ手術をしたこと
  • 起業セミナーを受けた体験談

 

ジャンルは絞らずに、とにかく自分が世の中に少しでも価値を生み出せそうなことは、どんどん記事を書いていきましたね。

なぜ「経験したことを重視したか?」というと、知識では専門家にはかなわないからです。

だけど、「経験」は人それぞれであり、自分にしか書けないオリジナル情報。

私みたいな弱者は、独自性で勝つしかないと思いました。

だから、なんでもいいから、とにかく自分の経験を記事にしたかな。

もちろん、「収益化するには特化ブログの方がいい」という話は聞いていましたが、何よりも続けられなければ意味がないと思っていたので、雑記ブログにしていましたね

この戦略は、プロのアフィリエイターさんたちに言わせると無駄が多いでしょう。

しかし、私のように、得意分野がない弱者にとっては、遠回りなこの戦略こそ、のちのち花開くことになっていきました。

アクセスで「世の中に求められていること」が分かったら、それを伸ばす

とにかくブログを続けていくと、アクセスが集まってきて、自分の得意分野が数値で見れるようになってきます。

私の場合は、毎日100アクセスとか集まるようになったときに、見られている記事が偏っていました。

そのとき、私のブログにはいろんなジャンルの記事があり、

  • 子育て
  • 在宅ワーク
  • マイホーム購入
  • 時事ネタ
  • 夫婦関係
  • 日々思うこと

といった感じだったのですが、その中でも「マイホーム購入」の記事にアクセスが集まっていました。

アクセスの8割が、「マイホーム購入」だったんですよね。

それを見たときに、「私はこの分野で世の中に求められているのね!」ということに気付き、「マイホーム購入」の記事を増やしていきました。

案の定、アクセスが伸びていったので、雑記ブログを『住宅購入』の特化ブログに変更。

どんどん記事を増やしていき、アクセスは順調に伸びました。

住宅に関するアフィリエイトプログラムも取り入れていき、ブログを開設してから1年半後には、月10万を超えるようになっていました。

 

・・・と!

「何もない、空っぽ人間の私がブログで月収70万を達成するまで」は、こんな感じでした★

結論!趣味なし・特技なしのブロガーは、とにかくなんでも書いて世の反応をみるべし

ブログで人様に教えられるようなことがない人は、私と同じように、下記の戦略を使うとよいかもしれません↓

  1. 自分が直面している問題、調べたことを書く
  2. なんでもいいから人の役に立ちそうな「過去の経験」を書く
  3. アクセスで「世の中に求められていること」が分かったら、それを伸ばす

    私はブログをはじめて3年たつのですが、ぶっちゃけ、「何を書いたらアクセスが集まるのか?」はわかりません^^;

    どれだけ「これは他人よりも詳しく丁寧に書ける!」と思って書いた記事でも、ハズレますからね。

    なので、はじめから一つに絞るよりも、自分が出せそうなものは全部出して、反応を見るしかない。

    反応っていうのは、アクセス数ですね。

    ブログは正直です。

    数値で、「あなたのこの記事は世の中に求められているよ!」というのを教えてくれます。

    私の場合、マイホーム記事にアクセスが集まったのは、意外でした。

    住宅のジャンルって、競合が多いので、私のような弱小ブログにアクセスが集まると思ってなかったんですよね。

    だけど、世の中は、住宅の専門家が書く知識よりも、私のような一般人の率直な意見や体験談を欲していたわけです。。。

    なので、何が当たるのか?はわからない。

    だからこそ、自分に書けるものは何でも書いてみるしかない。

    ブログは、「何の価値もない」と思っていた経験を、価値に変えてくれます

    なので、とりあえず書いてみてください(笑)

    続けてみてください。

    正しいブログの書き方で続けていったら、いつか必ず、「世の中で自分に求められているジャンル」にアクセスが集まります。

    自分の強みを教えてくれるはずですよ~♪